One's best throw

常に全力を
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * * - * -

引っ越しますた

下記の記事の通り、ブログ引っ越しました
以前の記事及びコメントそのまんま移行しました
今後はこっちは更新しませんが、一応何かの拍子にやっぱjugemだよ
と舞い戻る可能性もなきにしもあらずなので、おいておきます

ということで、新URLは☆コチラ☆からどぞです
その他 * 16:06 * comments(32) * trackbacks(0)

悩むのぅ

6月から新管理画面に(強制的に)なります☆ミ

とか

とくとくポイント

とか、意味がさっぱりわからんちーんなGMO jugemなので
そろそろ移転を考えてます
まあ、記事数もそんなにないので移転しやすいですが……出来れば記事もそのまま
となると、jugem形態によく似ているといえば、Serena Bach か WordPress、MTぐらいなんだけどサーバが必要になってくる
レンタルでもいいけど、何となくねー jugem形態がいいからSBかWP
MTは再構築が面倒だし重い

ただ、jugem記事をWPに移行するのが難しい(SB経由でないと無理っぽ?)
ならばやはりSBでとどめておくべきか
WPはデザインがまだまだ微妙なんだよなー





と、悩んでみるものの本日病院にまた戻るので、退院してからになるなー
病院で色々構想を練ってみるとするか
ていうか、今後は外見よりも中身をどうにか充実させんとなw
その他 * 11:49 * comments(0) * trackbacks(0)

愛しのサガジ

ようやく借りてみました(悩んだ末)

☆あらすじ☆
高3のハヨン(ハ・ジウォン)は、初のボーイフレンドに100日目にしてフられてしまう。
腹いせに、道端にあった空き缶を蹴飛ばすが、大学生ヒョンジュン(キム・ジェウォン)の高級外車に傷を付けてしまった。
弁償できないハヨンにヒョンジュンは
「1日3万ウォンで100日間"召使い"になれ」と要求。
ハヨンも同意したものの、山のような仕事を押しつけられる。
ある日、修理代が実は1万ウォン程度だということを知り、そこから彼女の仕返しが始まる…。
まー、あれですな
普通のB級映画ですな
でもこういうの嫌いじゃないです
猟奇的な彼女 の逆パターンのような感じ?
「月に代わってお仕置きよっ」←振り付け込み
(無理矢理やらせる)なシーンがとてもツボにはまりました
ハ・ジウォン姐さんの意気込みがスゴイです
でも、妙にジェウォン君の身体がポチャッてるのが減点ポインツ(笑)
色白で肌がキレイなのは羨ましいんだけど、ちょっとな〜あの身体で
周りの女子がクラクラ〜〜ってのは嘘だろう、と(プールのシーンより)
今現在の身体ならOKだったかもね

それもこれも、多分このDVDを観る前に
の2人を観ていたので、あまりの違いが楽しめたのかも知れません
……というか、ファン・ジニ観てなかったら、多分このDVDも観てないと思うしね

結局、なぜこの2人がラスト、くっついてしまうのかイマイチわかりづらいんだけど、携帯小説の映画化ってこんなもんなのかなーと思った次第

DVD * 11:34 * comments(0) * trackbacks(0)

ロマンス

 先日、図書館で見つけたもの
ちょうど、入院中に読もうかなと思ったんだけど、他にも借りたい本があったので今回は立ち読みで...
退院したら、絶対借りる!
DVDもチラ見だったんだよなー
アイドル@ジェウォン君の出世作のひとつなので、是非ともにじっくり読破したいものです
病院内の図書館にないかな。。。

高校生と女教師の禁断の愛……
とはいっても、日本の「高校教師」みたいな殺伐としたものでもなく
(まああれは、男性教諭と女性との話だしな)
ラストはハピーエンドらしいんで軽い気持ちで読めそうな...
そんな感じ♪




.......どうでもいいけど、jugem........
新しい管理画面まったく使えねえw
6月から切り替わるらしいけど、どっちか選べるようにしてくれよ
断然旧の管理画面の方がいいから
その他 * 19:36 * comments(0) * trackbacks(0)

ハプニング

評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
久々にハリウッドネタでも。

シャラマンさんの作品、観たことないです。
これが上映される頃、友人に観に行こう、というと
「え〜 シャラマンだよ〜?」
との一言で、却下されました。
今は、却下されてよかったと思います(笑)

まあ、何故観たか、というとマーク・ウォルバーグが出てたからと答えましょうか。
相変わらずの猿の惑星顔。

でも実際、内容はホラーですがな。
ハプニングって、パニック系かなと思っていたけど、どちらかといえばホラーです。
バンバン人が死んでいきます。
ある意味パニックなんですが、やっぱりホラーです。
これって結局植物が人間の愚かさを窘めるために、やったわけ?
どーもイマイチ、意味がよくつかめない。
それならば、植物や自然に対する人間の愚かさももっとこう、露出しなければならないんではないかと。
そういえば、劇中で「ミツバチが消えた」とありましたが、最近のニュースでも「ミツバチはどこへ行った?」というのがありました。
もしかして、もしかすると……近い将来、こういったおぞましい出来事が現実化されるのかも知れません。

しかし、何がホラーかって、あの終盤に出てきたばあちゃんだよ。
出てくる人たちは、みんな自分で命を絶っていくんだけど、その命の絶ち方が怖いって!

これって、確か15禁だっけ?
そりゃあまあ、あの子供2人が射殺されるシーンとかもあるから、当然といえば当然かな。

うーむ、奥が深いのか浅すぎるのかわからないような内容でした。
キャスト重視もそろそろ考え物だろうか(笑)
DVD * 18:29 * comments(0) * trackbacks(0)